六書(漢字の成り立ち)早見表

 

種類

説明

作り方
から
象形文字 物の形をそのままかたどった絵画的なもの。漢字をつくる基礎となっている。 日、人、子
指事文字 形にあらわせない抽象的な事柄を、記号で表したもの。 上、天、本
会意文字 二つ以上の文字を組み合わせて別の新しい意味を表したもの。 比(人がふたり)
看(手と目)
形声文字 意味をあらわす文字と、音を表す文字を組み合わせたもの。漢字の8割以上を占める。 河(水+可)
江、固、枯、姑
使い方
から
転注文字 本来持っている意味を発展させ、他の意味に転用したもの。 楽<ガク>(音楽)→楽しい
→楽<ラク>(娯楽)
仮借文字 本来の意味とは無関係に音だけ借りたもの。あて字。 亜米利加<アメリカ>
卑弥呼、巴里、合羽

後漢の時代(紀元後100年)、許慎は「説文解字」という字典を著し、その中で9353字の漢字について、
成り立ちから4種類の作り方、2種類の使い方に分類した。この分類法を「六書」という。



雑学トップページ


当サイトはランキングというキーワードで検索されることを目標にしています。

-
Copyright(c) hyou.net All Rights Reserved.
 


  特集ページ・広告ページ

注目ランキング

楽天ランキング
売り上げランキング
転職サイトランキング
父の日プレゼントランキング
 

ショップ

といざらす
ブルックス コーヒー
ディノスショップ
アテニア
ベルーナ 通販

ショップ

住商オットー 
ポスレン
ニッセン・オンライン
百貨店通販ランキング
らでぃっしゅぼーや

ショップ・トラベル

あまぞん
旅の窓口
ジャラン